お問い合わせはお気軽に 電話番号073-422-1741

〒641-0043 和歌山県和歌山市宇須1-5-15

和歌山市 内科 禁煙外来 消化器科 胃腸科 循環器科 呼吸器科 小児科 アレルギー科 横山内科

内視鏡検査

診療案内 アルカディアルーム 禁煙外来 内視鏡検査
社会福祉法人 紀伊松風苑

胃カメラ(胃の内視鏡検査)

内視鏡検査というと「苦しい」「痛い」などのイメージが先行し、検査の必要性はわかっていても二の足を踏んでしまいます。
当院では、可能な限り患者様の苦痛を軽減するように努めております。また、消毒・洗浄を行い、安全に内視鏡検査を受けて頂けるように心掛けています。

内視鏡検査では、悪性疾患(食道癌・胃がん)並びに良性疾患(胃十二指腸潰瘍・逆流性食道炎・食道胃静脈瘤)の早期発見が可能です。

胃内視鏡検査の手順

ご家庭での準備

検査前日、夜9時くらいまでに、軽めに夕食を済ませてください。その後は、水分(水、お茶)の摂取はOKです。
検査当日、朝食をとらずに来院してください。水、お茶の摂取はOKです。
常用薬を飲んでいる方(血圧、心臓)を飲んでいる方は、朝8時までには飲んでおいてください。
糖尿病薬(内服、インスリン)は、使わないで来院してください。
着脱しやすい服装で来院ください。

来院後の流れ(看護師がやさしくご案内しますので、参考までに)

お荷物はロッカーに入れてください。貴重品はできるだけ持参しないでください。
時計、めがね、義歯ははずして頂きます。
前処置として、白い液体のお薬(消泡剤)を飲んで頂きます。胃の中をキレイにします。
のどの表面麻酔薬を、口からスプレーで散布します。しばらく、のどにためていて頂きます。よく麻酔が利きますように、しっかり行います。
検査ベッドに横たわって頂き、ベルトをゆるめ、検査台の上に左側を下にして、横向きになります。
マウスピースをお口にくわえます。小さいお口のかたでも心配しないで大丈夫です。
胃の運動を止める薬や、鎮静剤を注射します。いよいよ検査が始まります。
検査中は、力をなるべく抜いて、楽にしてください。鎮静剤が効いていると、あまり意識することがないと思います。
検査時間は、約5~10分程度です。
検査が終わったら、回復室に、看護師がお連れします。

検査終了後

回復室で、1~2時間、お休み頂きます。十分休んで頂いてから、起きて身支度を整えて頂きます。
内視鏡の写真をお見せしながら、検査のご説明を致します。
鎮静剤を使用した方は、当日車の運転は禁止です。使用しない場合は、問題ありません。
粘膜を採取した場合は、検査結果を後日(約2週間後)聞きに来て頂くことになります。

大腸内視鏡検査のご案内

大腸内視鏡検査は盲腸から直腸まで大腸を全長に渡り、観察する検査で、大腸の病気の診断と治療に必要な検査です。
近年、生活、食習慣の変化から、日本でも大腸疾患が増加しています。主な症状としては、「便に血が混じる」「下痢や便秘を繰り返す」「残便感がある」などです。
肛門の違和感や出血を、痔だと思い込んで放置したり、大腸の検査はつらいというイメージで精密検査を避けた結果、大腸がんを進行させてしまう患者様が少なくないのは、大変残念なことです。

大腸内視鏡

長いスコープで、直腸から結腸、回盲弁(大腸の入り口)の大腸全域を観察することができます。大腸は曲がりくねっているので胃に比べ、挿入方法はすこし複雑ですが、小腸の手前まで挿入することが可能です。
また、最近はスコープの硬度が手動可変になり、よりスムースな挿入ができるようになってきました。さらに、大腸内視鏡の鉗子口を通じてさまざまな器具を用いることで、組織採取や、ポリープ切除などの処置も行えます。

大腸内視鏡検査の手順

ご家庭での準備

検査前日、夜9時くらいまでに、軽めに夕食を済ませてください。その後は、水分(水、お茶)の摂取はOKです。指示された錠剤を飲んでください。
検査当日、朝食をとらないでください。ご自宅で(遠方から来院のかたや、自分で飲むのが不安な方は朝、来院してから、病院内で)下剤を飲んで頂きます。1.5~2リットルの、水のような下剤です。一昔前は、飲みにくかったのですが、改良されて、ほとんどの方が抵抗なく飲めるようになりました。
常用薬を飲んでいる方(血圧、心臓)を飲んでいる方は、朝8時までには飲んでおいてください。
糖尿病薬(内服、インスリン)は、使わないでください。
便がきちんと出てしまったら、来院してください。
着脱しやすい服装で来院ください。

来院後の流れ(看護師がやさしくご案内しますので、参考までに)

お荷物はロッカーに入れてください。貴重品はできるだけ持参しないでください。
時計、めがね、義歯ははずして頂きます。
検査中に使用する薬剤の注射をします。特に痛くはありませんので、安心ください。
大腸検査用の、使い捨ての検査着が準備してありますので、それに着替えてください。これを着ると、恥ずかしさも気にすることなく、検査が受けられます。
検査ベッドに横たわって頂き、検査台の上に左側を下にして、横向きになります。
腸の運動を止める薬や、鎮静剤を注射します。いよいよ検査が始まります。
検査中は、力をなるべく抜いて、楽にしてください。鎮静剤が効いていると、あまり意識することがないと思います。
検査時間は、約10~15分程度です。
検査が終わったら、回復室に、看護師がお連れします。

検査終了後

回復室で、1~2時間、お休み頂きます。十分休んで頂いてから、起きて身支度を整えて頂きます。
内視鏡の写真をお見せしながら、検査のご説明を致します。
鎮静剤を使用した方は、当日車の運転は禁止です。使用しない場合は、問題ありません。
粘膜を採取した場合は、検査結果を後日(約2週間後)聞きに来て頂くことになります。
ページの先頭に戻る